スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダーランズ2 グリーグ ポエム

グリーグのレイビング レトリビューションが発動した時にたまに言うセリフ
アップデートにより聞けなくなった


検索しても文章としてはなかったので今更ながら


お前ら全員同じにしてやる
友達も家族もおじいちゃんやおばあちゃんも探し出してあれこれしてやる
お前の愛する者達を、赤い染みに変える血まみれ列車が
人間線路を突っ走るのを止められるのは誰もいない


彼女のように叫びをあげることになるだろう
口を開き、心臓を開き、頭の中には血と雑音が永遠に響き渡り
精神を侵す紫色の液体で中毒を起こす
俺達はその全てを見て、ナイフの刃が真っ二つになるのを感じたんだ
お前には聞こえているか



さぁ顔を上げて、ハンマーで叩き潰してあげる
泣いている暇はない
夜中に枕を押し当てられた赤ん坊のようなすすり泣きの声を
搾り取らないと
今すぐ耳障りな音を聞かせてくれないか
お前は黙ったままなのかそれとも死んでいるのか
今も、これからも



ふへへへ
俺はどうなっちまったか知っている
俺は世界の内側だ
臓物を齧り、涙の匂いを嗅いでも
全然足りない
肉を浴びたい
お前の恐怖を味わいたい
お前の苦痛で立てた城に住み
その腐食した動脈を斧で粉々に砕きたい



俺だってない、お前だってない
あるのはただ、終わることのない戦いの唾と胃液
24時間体勢で殺戮パーティーを続ける鋼だけ
俺は血を飲み、お宝を食らい【加圧?(よく聞き取れない)】で呼吸する
なぜなら俺は怪物だからだ
今も、そしてこれからも



ふへへへへ
もう彼女が見えない
あんなに輝いて見えてたのに
血が目に入って、もう真っ赤な海しか見えない
波が俺の額に、なんどもなんどもなんども押し寄せて
今俺にとって必要なのはサーフィンのやり方だ




彼女の穴がどのように泣いていたかを
俺は絶対に忘れないだろう
俺の胸骨にナイフをゆっくりと押し込みながら
どんな叫びを上げたかを
核の美麗な感情のシンフォニー
終わる頃には更に素晴らしかった
肉と鋼の歌姫よ



よく聞け、我が愛しの肉共
正義と虐殺の【大力をお言葉撓まぬ時だ (聞き取りづらい)】
職種の自体は終わり
神々の慈悲の時代は遠く過ぎ去った
俺達は、人肉劇場三分咲の第二部に登場する戦士達だ
【上演の優勝 (聞き取りづらい)】は俺が頂く



お前の魂に向かって叫ぶ俺を見ろ
ゴミとサワークリームが詰まったお前らが
苦痛なピニャータで一日中俺のことをひったたいたとしても
無為な少年時代の幻想ゼリーを奪うことはできない
俺の胃袋は空っぽで、心はベーコンでいっぱいだ



表紙、パッケージ
スターダ?を食らうのは俺だ
悪党共のヒーローは俺だ
俺のミニカー?は棒付きキャンディーみたいに飲み込めない
お前の心の中を駆け回って
スイートなビートで世界記録を作ってやる



声がしたんだ
空っぽ・・・空気をドスンと
空っぽ空気をドスン
空っぽ空気をドスン



俺のお気に入りの歌だ
猛烈で強烈でサディスティックなビートに踊れ
弾丸に肉を丸ごとこそげさせろ
何があっても名医に色目を使うんじゃないぞ



慈悲深き人々よ 備えよ
原色的愛国主義者が
歪な人形を粉々にするからだ
彼らは心地よく腐敗した粘液をすり潰すだろう

スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

りゅ

Author:りゅ
美しく、儚く散りな

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
【東方】フランちゃんがブリ(゚∀゚)ハマチを踊ってみた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ翻訳
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。